ビールのオフフレーバーを体験しよう!

ビアテイスター認定講習会のテキストの写真

ビールのことを勉強していると登場する【オフフレーバー】

ビールにあってはならない匂いと味のこと】ですが、世間では全く知られていませんよね。

また知識として知っていても、大手のビールを飲んでいる限りは【オフフレーバー】に触れる機会はほぼありません。

「ビールが好きでオフフレーバーという言葉は聞いたことがある」

「知ってはいるが体験はしたことがない…」

「ほかにもフルーティーとかホッピーとかモルティーさがいまいちピンとこない…」

そんな人には、日本地ビール協会が主催のビアテイスターセミナーというものがあり、なかなかおすすめです。

このセミナーに参加することで、5種類の【オフフレーバー】を体験する事ができるんです。

それに約40種類のビールを試飲しながら、酵母の作り出す香りや、ホップの香りモルトの香りを体験として学ぶことができます。

セミナーに参加するにはテキストを購入する必要があります。

でも、得体のしれないテキストなんて購入しにくいですし、セミナーに参加するのにも勇気が必要ですよね〜

なので実際に参加し体験してきた自分の感想を伝えることで、迷っている人の手助けになればいいなーという狙いがあります。

実際にぼくが参加したときは、情報があまりなくてものすごく不安だったもので…。

ビールのオフレーバーとは?

まず体験できる代表的なオフフレーバーです。

主にバクテリア汚染、材料の状態、製造工程、保管方法が原因となるようです。

DMSクリームコーン、煮込んだキャベツ、古い牡蠣
ダイアセチルバター、キャラメル(英国系のエールは微量ならOK!)
イソヴァレリアン酸チーズ
酸化臭ダンボール、紙、ポマード
日光臭スカンクに似た匂い
スカンクのイラスト

「スカンクに似た匂いって何?」と思いますよね。

日本人には馴染みがありません。

スカンクに似た匂いが気になる人は緑色の瓶に入ったビール直射日光に1〜2時間程さらせば感じれると思いますよ!

まとめ

オフフレーバーという言葉は聞いたことがあるけれど体験したことがない人」はオフフレーバーのキットも販売している所はあるようですが、1万〜3万円は覚悟したほうがいいようです。しかも使い切り。

下のリンクで販売はしています。

正直それならビアテイスターセミナーに参加したほうがコスパはいいような気がします。

理由は以下の通りです。

  • オフフレーバーを体験できる。
  • 40種類のビールを試飲できる。
  • 比較ができるのでアロマと味のものさしを作りやすい。
  • 講師のひとの説明がわかりやすい

以上の点からも、安くは無いけれど貴重な体験が可能なビアテイスターセミナーはおすすめです。

飲みながらの勉強って楽しいですし(^^)

ABOUT US

ゆきひろ
「メチャおいしいビール造るらしいよ!」って噂されるお爺さんになることに憧れている。趣味でビールを造って遊んでいる。ビールに関する本を毎週よんでいる。 そんな人です。 本の役立ちポイントをまとめてブログに記録しています。 ビールの味を客観的に評価できるようになりたくて「クラフトビア アソシエーション」主催の試験にトライ。 ジャパン・グレートビア・アワーズ2020に審査員として参加してきました。 まだまだですが、毎日コツコツ鍛錬中です。