ビールの勉強をする?この本が味方になってくれますよ。

世界ビール大百科の写真

こんにちは!

毎日ビールに関する本を読んでいたりします。

「みなさんは、ビール好きですか?」

休日の昼間からビールは最高ですよね(^^)

  • なんらかのきっかけでビールの事を勉強することになった^^;
  • ビールに関する本格的な知識が欲しいので勉強できるが欲しい!

そんな人の強い味方、本気の勉強にもぴったりな世界ビール大百科です。

世界中のクラフトビールの銘柄、ビールの歴史、醸造方法、興味深いエピソードに彩られたビールについての辞典です。

ちなみに、この本を知るきっかけとなったのは、世界大会で金賞を獲得している伊勢角屋麦酒

その代表 鈴木成宗さんの、発酵野郎!―世界一のビールを野生酵母でつくる―という本です。

「ビール好きならぜひ手に取って欲しい」紹介されていましたので参考までに!

ビールの勉強をこの本でするには?

基本的には索引から、分からない用語を調べます。

趣味で醸造のマネごとをしていると、わからない用語が多発します。

例えば、水質調整に関する【重炭酸塩】を調べてみる

下記は例なので読まなくていいと思います…長いですし。

水をアルカリ性にする塩。
糖化中のマッシュ液に含まれる重炭酸塩が25ppmを超えると、カルシウムが低減してpHが上がるため、糖化効率が落ちるという問題を引き起こす。
また、重炭酸塩が多すぎると麦の殻からタンニンを抽出する。
重炭酸塩は、前もって煮沸することによって除去することができる。
煮沸によって重炭酸カルシウム(Ca[HCO₃]₂ )から二酸化炭素(CO₂ )が取り外された後、水(H₂ O)と炭酸カルシウム(CaCO₃)に分解され、炭酸カルシウムは沈殿する。

1997年 株式会社 大修館書店 世界ビール大百科 P179 より引用

これでも半分ほどなんです

正直にいうと活字が嫌いな人におすすめしません
活字の量と、ほんの分厚さで相乗効果が発生しています。

しかし、「深堀りして理解したいなー」という時は必須です。

まさに【ビール特化型の百科事典】ですよね?

ビールの勉強をする際はお手元にこの本を!

この本に興味がある人は、ビールについて何らかの思いがある人だと思います。

  • どこよりも美味しビールを造り上げたい!
  • 誰よりもビールの事について詳しくなりたい!
  • ビールのトリビアを知りたい!

そんな人のこの本は味方になってくれる1冊です。

ビールの勉強をする際は、お手元にこの本を!

ABOUT US

ゆきひろ
ゆきひろ
「メチャおいしいビール造るらしいよ!」って噂されるお爺さんになることに憧れている。趣味でビールを造って遊んでいる。ビールに関する本を毎週よんでいる。 そんな人です。 本の役立ちポイントをまとめてブログに記録しています。 ビールの味を客観的に評価できるようになりたくて「クラフトビア アソシエーション」主催の試験にトライ。 ジャパン・グレートビア・アワーズ2020に審査員として参加してきました。 まだまだですが、毎日コツコツ鍛錬中です。