【日本ビール検定】監修者による1冊です!

ビール今昔 そもそも論という書籍の写真

こんにちは(^^)

【ビールに関する知識を深めたい】
そんな想いで本を読んでいます。

このブログが、ビールの知識を得たい人の助けになり、巡り巡って、「おいしいビールが日本に増えたら最高!」と思っています(^o^)

【日本ビール検定】監修者による1冊とは?

ビール今昔そもそも論

日本ビール検定監修者】と聞くと身構えますよね笑 
「むずかしい本なの?」と。

実はただ、ひたすらビール愛に溢れた1冊となっています。

イメージとしては、居酒屋のカウンターを想像してください。

隣にビール好きのおじさんが居るとします。
「おじさんのビールの話がやたら質が高いぞ!」と感じたとします。

それが本になった!という感じです笑

どんな人におすすめ?

一つ5分くらいで読めるライトな小話が50ほどあります。

なので、1日5分程、つまみ読みしても1ヶ月ほど楽しめると思います!

忙しいひとにおすすめです!

あとは【ビール検定】1級合格を目指している人にも使えるかもしれません。

著者は、ビール検定を主催している一般社団法人 日本ビール文化研究会理事顧問なので、「問題に出るとしたらどこかな?」という読み方も楽しいと思います。

2019年初めて1級にトライしましたが、あまりにマニアックな問題があったので笑
1問でもかすっていればラッキーという期待で読むのもありですね!

ビールのトリビアをゲットしたいあなたにぴったりな1冊です(^^)

補足

醸造が学べる本ではありません。

あくまで雑学、トリビアを得る本です。

ビール検定について。

なにやら1級に合格すると、合格者のみの交流会があるようです。

クレイジー&偏愛な人とつながるためにトライしてみよう!

ちなみに合格率が…笑

2019年のもの prtimesから引用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ゆきひろ
「メチャおいしいビール造るらしいよ!」って噂されるお爺さんになることに憧れている。趣味でビールを造って遊んでいる。ビールに関する本を毎週よんでいる。 そんな人です。 本の役立ちポイントをまとめてブログに記録しています。 ビールの味を客観的に評価できるようになりたくて「クラフトビア アソシエーション」主催の試験にトライ。 ジャパン・グレートビア・アワーズ2020に審査員として参加してきました。 まだまだですが、毎日コツコツ鍛錬中です。