ホームブルーイング入門書!知識0から30ページ読むだけでビールがつくれます!

自分でつくる最高のビールという本の写真

こんにちは。

「メチャおいしいビール造るらしいよ!」と噂されるお爺さんになることに憧れています。

今はビールに関する本を読みあさることにハマっています。

「ビールが好き!!」

「自分でビールを造ってみたい!」

「…でも法律違反じゃない?」

そんな好奇心不安に答えてくれる1冊です。

ちなみに「法律違反では?」とう言う不安がありますよね?

はっきりと違反です

違反ですが、

本書には【アルコール1%未満にする方法も併せて記載】されています。

本に従えばアルコールの心配はほぼ無いかなと。
ドキドキする必要はありません笑

心配であればやめておきましょう!

商売にしてしまったり、大々的に行わなければまっとうな科学の実験!

という、参考にならない個人的な考えです…

好奇心を満たすのは自分の責任で(^^)

ホームブルーイングを本で学ぼう!

まず、この本の厚さは約1cmなんです。

知識ゼロから簡単にビールは造れるよー」という本でして、
極端に言うとたった30ページ読むだけでビールが作れちゃいます(全143ページ)。

この本のすごい所は、3つあります。

  • 手順を細かく説明している!(カラー写真つき)
  • 使う道具を細かく説明している!(カラー写真つき)
  • ビール・ワインづくりの道具と材料を販売する自家醸造専門店が著者!(ネットで買える!)

特に、自家醸造専門店アドバンストブルーイング】のおかげで、マニアックな道具も購入できて便利過ぎます!

まとめ

homebrewing

この書籍の「ぐっ」と来た部分を紹介しますね!

ビールづくりは農業であり、文化・芸術でもある。

ビールは人の垣根を取り除き、人の輪をつくる。

自分の感性で丹精こめてつくったビールが人を楽しくし、ときに喜びや感動をあたえる。

人を豊かにする。

その輪が大きくなって地域が豊かになり日本が豊かになっていく。

家族で、仲間で、マイクロブルワリー立ち上げ計画を開始しよう。

2016年 マイナビ出版 著 アドバンストブルーイング 自分でつくる最高のビール 135Pより引用

何回かホームブルーイングにトライしましたが、自分で瓶に打栓する瞬間や、
開栓する瞬間は大人になって一番ワクワクしました!

【趣味としてのビールづくリ】

なかなかイイものですよ(^^)

ちなみにアドバンストブルーイングでは相澤塾というものを開催しているようです。

「ビールを自由に設計したい」とか「小規模醸造所を立ち上げたい!」

って人のプロ志向のコースのようですよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ゆきひろ
「メチャおいしいビール造るらしいよ!」って噂されるお爺さんになることに憧れている。趣味でビールを造って遊んでいる。ビールに関する本を毎週よんでいる。 そんな人です。 本の役立ちポイントをまとめてブログに記録しています。 ビールの味を客観的に評価できるようになりたくて「クラフトビア アソシエーション」主催の試験にトライ。 ジャパン・グレートビア・アワーズ2020に審査員として参加してきました。 まだまだですが、毎日コツコツ鍛錬中です。