ビールのラベル【470点】一挙公開!

ドイツ・ビアレアベルの宝庫という書籍の写真

こんにちは!
ビールに関する本を読みあさっています(^^)

「ビールのラベルをコレクトしている人っているんだろうな〜?」

そんな事を考えていたときに、インスタグラムで【@t.goban】さんに教えていただいた本書。
ありがとうございますm(_ _)m

ドイツ・ビアラベルの宝庫という本になります。

たまーにアマゾンで見かける、表紙画像がないタイプです笑

不安でしたが、思い切って購入しました!

結果、ドイツビールの歴史を感じることが出来ました。
「デザインに興味のある人にもかなり役立つ!」と思います。

どんな本なの?

ドイツ・ビアレアベルの宝庫という書籍の裏表紙

様々な趣味がある中で、【ビアラベルの収集】にのみスポットライトを当てたドイツ・ビアラベルの宝庫

カラー写真です。

著者の2万点のコレクションの中から、厳選された470点ほど紹介。

著者は松永正泰さん。
ドイツに在住していて、グラフィックデザイナーをやっている方です。

それと民族音楽楽団を毎年日本の各オクトーバーフェスト開催地へ招聘しているようですよ!

参考:M.M.&P. Creative Design e.K. 

ほぼ30年前の本です。
いまでは何点のビアラベルが収集されているんでしょうか?

気になります…

著者のラベル愛が伝わってくる冒頭分を紹介して終わりますね!

何かに、深く関わってしまう。
たとえば、ひとりの女性に溺れるほど惚れ込んでしまう。
喜んだり悲しんだり、諦めたり、また思いなおしたり。そんな事を繰り返す。
出会いと言ってもそれほど劇的でもなかったし、最初はカワイイ子だなぁというぐらいの軽い気持ちが、気がついてみると、どっぷりと全身がその女性の中につかってしまっている。

私にとってビアラベル収集というのが、惚れてしまった女性そのものである。

1991年 株式会社 美術出版社 発行 ドイツ・ビアラベル 4Pより引用

ドイツのビアラベル470点ほどの紹介

歴史あるデザインを感じたいあなたへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ゆきひろ
「メチャおいしいビール造るらしいよ!」って噂されるお爺さんになることに憧れている。趣味でビールを造って遊んでいる。ビールに関する本を毎週よんでいる。 そんな人です。 本の役立ちポイントをまとめてブログに記録しています。 ビールの味を客観的に評価できるようになりたくて「クラフトビア アソシエーション」主催の試験にトライ。 ジャパン・グレートビア・アワーズ2020に審査員として参加してきました。 まだまだですが、毎日コツコツ鍛錬中です。