ブルワリーへの【就職】を考えている人におすすめ!ブルワリーが舞台の推理小説。

ビール職人の醸造と推理

こんにちは!

ビールが好きです。

今はビールに関連する本を読みあさり中です。

本の役立ちポイントを見つけて紹介しています。

「購入するきっかけになったら嬉しいなー」なんて思っています。

  • ブルワリー立ち上げの雰囲気を知りたい!
  • ブルワリーでの仕事に興味がある
  • 興味はあるけど、仕事内容は全くわからない…

上記の疑問を持っている方にぴったりな小説ビール職人の醸造と推理

「ブルワリーへの就職をしたい!」

でもブルワリーのことが分からない…という人にはドンピシャな内容でした!

ブルワリー立ち上げの雰囲気を知りたい!

舞台はアメリカに実在する街、【レブンワース】という所。

ドイツバイエルン地方に似た、ビールで有名観光地だそうです。

物語は町一番ブルワリーを、夫とその両親と一緒に切り盛りしている女性が主人公です。

とある悲しい事件がきっかけで、町一番ブルワリーをはなれ新しいブルワリーで働きだします。

開店の手伝いをすることになり、

  • 内装を考える
  • 料理メニューを考える
  • ビールの名前を考える

など、

ブルワリー立ち上げの雰囲気を知れます!

ブルワリーに就職したい人は必見!

ホップの写真

小説の中で、ブルワリーで働くという事が、イメージしやすくなるシーンがいっぱい登場します。

  • ビールを試作するシーン
  • 少ない従業員でも回せる料理レシピを開発していくシーン
  • ホップ農家との交渉や、契約内容について話すシーン

このなかでもアメリカのホップ不足契約の話はびっくりします。

たとえば、

  • 資金が豊かな大きなビールメーカーが人気ホップを抱え込む
  • 契約が数十年単位
  • 小さい所は代表的なホップを仕入れられない

主人公がもともと働いていた町一番のブルワリー【デア・ケラー】のホップの契約は、4種のホップ25年縛りだそうです(・・;)

たまげた…

まとめ

町一番ブルワリーで夫とその両親と一緒に切り盛りしている女性の主人公

その視点から、生活の一部になっているブルワリーでの物語はとても新鮮です。

小説というストーリーを通して、

  • ブルワリーの仕事
  • いいビール、悪いビールの事
  • 愛されるブルワリーが地域に果たす役割

を学べます。

最後に、このカバービール美味しそうすぎです!

イラストは、田中海帆さん(@mihot0304 )という方です。

素敵です!

ブルワリー就職をしたい人は一読の価値アリです!

もちろん購入するかしないかはあなたの自由です。

ABOUT US

ゆきひろ
「メチャおいしいビール造るらしいよ!」って噂されるお爺さんになることに憧れている。趣味でビールを造って遊んでいる。ビールに関する本を毎週よんでいる。 そんな人です。 本の役立ちポイントをまとめてブログに記録しています。 ビールの味を客観的に評価できるようになりたくて「クラフトビア アソシエーション」主催の試験にトライ。 ジャパン・グレートビア・アワーズ2020に審査員として参加してきました。 まだまだですが、毎日コツコツ鍛錬中です。