日本で最初のホームブルーイング解説本(たぶん…)

この本は手作りビールの解説が中心の本でして、趣味として広めていこう!楽しくなったら日本自家醸造推進連盟(自家醸造の自由化を目指している)に入って解禁へ向けて協力していきましょう!という流れの本でした。

個人的には、解禁したら面白そうだなー。とは思いますが。

この書籍は1995年発売なので現時点(2019年)で24年も前の書籍です。

ビールの造り方は、チャーリー・パパジアンの書籍を参考としています。

モルトエキスの缶詰(麦汁を煮詰めたシロップのようなもの)を使ったビール造りが中心となっていて、ホームブルーイング入門書となっています。

どんな人におすすめな本?

この本が発売された当初はチャーリー・パパジアンの翻訳本もなかったでしょうしネットも普及していないことを考えると、貴重な情報源となっていたことは想像できます。

  • ホームブルーイングの歴史の流れを感じたい!
  • 日本自家醸造推進連盟の人たちのビールレシピを知りたい!(オリジナルレシピとして9種類ほど掲載)

上記の2つに当てはまるなら購入してみてもいいと思いますが、単純な趣味としてのホームブルーイングをわかりやすく感じたいのなら自分でつくる最高のビールがお勧めです。

なんせ、わかりやすいです!

最後に

調べてみるとこんな記事が。「2012年に公明党の松あきら副代表らは、参院議員会館で日本自家醸造推進連盟の山中貞博会長らから、手造りビールなど自家醸造の解禁に関する要望を受けた」とのこと。

まだ解禁は先かなー。

先進国では解禁されている健全な趣味としてのホームブルーイング。

新しい動きとしてクラフトビールを牽引している伊勢角谷麦酒の 鈴木成宗会長が日本ホームブルワーズ協会を設立したりと楽しみではあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です