1日たったの80秒!ドイツで実績を上げた嗅覚トレーニング『嗅覚刺激療法』

ビールについて学んでいると、ビールのテイスティング能力を高めたいなー。と考えはじめました。

テイスティングと言えばワインのソムリエさん。

グラスに鼻を近づけて香りを嗅いでいる姿がイメージされます。

嗅覚を鍛える方法ってあるのかな?

そもそも嗅覚って鍛えられるの?って疑問がわきまして書店で目についたのが、

金沢医科大学耳鼻咽頭科学教授 三輪高喜 監修のカレーにの匂いがわからなくなったら読む本です。

全くビールとは関係有りませんね笑

調香師などのプロと一般の人の嗅覚は違うの?

結論としては、嗅細胞や嗅神経はプロも一般の人も変わらなかったという報告があるようです。

個人的に意外でしたし、生まれ持っての能力でなければ希望も持てるので安心しました。

じゃ何が違うの?という疑問が残ります。この本では、

香りのプロは、嗅ぐ力を日々研鑽し、その匂いを記憶することで、匂いを嗅ぎ分けることができるようになるというわけです。つまり、ものを嗅ぐ機会を増やすことが、嗅ぐ力を高めてくれるのです。

2019年 株式会社主婦の友社 カレーの匂いがわからなくなったら読む本 21Pより引用

とのことです。

嗅覚低下の予防にも使える、ドイツで実績を上げた嗅覚トレーニングって?

嗅覚にかかわる神経細胞は、死滅したとしても再生することが可能な稀な細胞のようです。

方法としては

朝晩にバラ、ユーカリ、レモン、クローブの4種類の匂いを各種10秒ずつ。

4ヶ月続けると約25%、8ヶ月で約40%の人に嗅覚の改善がみられたと報告されています。(感冒後嗅覚障害や外傷性嗅覚障害の患者さん)

嗅覚刺激療法で嗅覚の低下を予防できたという研究報告もあるようです。

なので嗅覚が正常な人は予防に使いましょう。

嗅覚低下のリスクのある人は?リスクを回避するには?

1つでも当てはまると嗅覚低下の赤信号がともっているとのこと。

  • 60歳以上である
  • 男性である
  • 副鼻腔炎にかかったことがある
  • 喫煙者である
  • 動脈硬化を指摘されたことがある

なかなか厳しいです。男性で喫煙者は免許停止レベルですかね〜

リスク回避についてです。

  • 鼻の病気を治療する
  • 生活習慣病を改善する
  • 禁煙する
  • 運動する
  • 風邪が治ったあと長引かせない

以上ざっと覚えておきたいことをメモしておきました。

この本の内容を応用して、嗅覚低下を予防しつつ、ビールに関連したアロマを記憶する為のアイテムを探して行きたいと思います。

本来この本は、カレーの匂いは嗅覚障害のバロメーターになるよーって話から始まります。

嗅覚低下が認知症などにも繋がっていくので予防しましょう!という内容です。

嗅覚トレーニング方法から、病院の診察方法も図解で教えてくれています。

自分の嗅覚のセルフチェックもついていますし、病気の解説、嗅覚と味覚のつながり等を幅広く教えてくれています。

とても大切に思えた一文を紹介します。

私たちがおいしいと感じるのは味覚や嗅覚だけではありません。

料理の色や見た目、温度、舌ざわり、噛みごたえなども大切な要素です。さらには、食べるときの雰囲気や会話、健康状態などにも複雑に関係しています。そのため、味覚障害を予防・改善するためには、食生活全体の見直しが必要です。

特に、ひとりで食べること(孤食)が続くと、料理の内容や食べる環境への配慮が疎かになりがちです。なるべく家族や友人知人と一緒に食卓を囲む機会を増やすようにしましょう。

2019年 株式会社主婦の友社 カレーの匂いがわからなくなったら読む本 111Pより引用

この文の後から、カラー写真味覚や嗅覚に効く料理レシピが15種も紹介されています!

どれも美味しそうですよ!

最後に、嗅覚の衰えに気づく人はほとんどいないそうです。

なのでカレーの匂いがわからなくなって読むと言うよりは、自分の大切な人はカレーの匂いがわかっているのかな?と疑問に感じる人が読んでみるのもいいんじゃないかなー?と思ったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です